彼女に振られ、さらにネットで誹謗中傷!得たものと失ったもの

恋愛至上主義の30代男性のトラウマエピソード

★付き合った相手
30代中盤の独身男性、職業Webライターです。ほぼ一年前に彼女(以後「元カノ」)に振られました。しかもかなりこっぴどく…。2年間付き合ってきて、結婚まで視野に入れていたのが今ではすっかり交際経験が「黒歴史」になり人生の負債状態です。トラウマになっているので語っていきます。

 

 

★生活まで補助していた元カノ、しかし突如豹変!

悲しむ男性

元カノは地方から上京してきた人でした。親が束縛などがひどいいわゆる「毒親」だったらしく、自由に生きたいとのことで、半ば逃げるように上京を決意。

 

その元カノと3年くらいネットで交流しており、何回か会ったことのある私は、ちょうどLINEを始めたときに繋がって距離が一気に近づく形となり、自然に付き合い始めました。

 

普段はおっとりした性格で、猫やうさぎなどかわいいもの好きの素朴な雰囲気でした。一緒にうさぎカフェに行ったりしました。

 

しかし感情の変化が激しく、また音などに敏感で、一緒にいて突然「病みモード」に変化するときも。また生活が不安定で、デートのときはほとんどこちらがお金を出していたし、交際2年目には生活費が足りないというので出したりしていました。一回で10万円おろして現ナマで渡したこともありました。クリスマスや年末はおうちデートなどをして、料理をお互いに作って振る舞ったり、楽しく過ごしました。正直にいって、今でもあの頃は幸せだったなとしみじみ思うときがあります。

 

付き合っていた当時は、このまま結婚するんだろうな、と何となく思っていました。しかし、交際2年目の末期、突如態度が攻撃的に変化、もう別れるね!といって振られ、交際は終わりました。そして、彼女と共通だった友人も態度が変化、集団でネット上で晒されたり、攻撃され続ける形となりました。

 

 

★得たものと失ったもの…
元カノとその友人たちは今でもつるんでいるようで、今では彼女らの監視網に見つからないようにこっそりネットをしています。使っていたハンドルネームなども変えました。まさに地下に潜伏するような気持ちでネットライフを過ごしています。彼女と付き合っていた当時はプリクラ画像などもかなり拡散したので、日常生活では危機はないとはいえ、ネット上で晒しあげられたりするのではないか…という不安が強く常にあります。

 

実害があれば警察などに訴えるまでですが。そして、最も大きな損失物は何よりお金!

 

今になってざっと計算してみると、2年間の交際で100万円は使ったことになりますね。特に交際2年目の年末は、入り用多くひと月で20万は浪費した感じです。現在の私はフリーで、友達が男女ともにけっこういて遊んだり飲んだりして幸せに生きています。

 

母曰く、元カノのことは最初からかなりよく思ってなかったし、別れて正解だと考えているそうです。結婚したとしても苦労するだけだよ、と。恋愛のいいところと悪いところを経験でき、学生の頃は恋愛至上主義だった思考が、今では恋愛はリスクも大きいので無理してすることもない、という冷徹な考えを得るに至ったのは私の人生で大きな財産になったと思います。

Copyright© 過去の恋愛でトラウマになった体験談を男女に聞いてみた All Rights Reserved. Web Design:Template-Party