アメリカ人の彼を追っかけてアメリカまで行く

アメリカ人男性を追ってアメリカに渡米した結果

私は、20才でした。彼は、29才でした。彼は、アメリカから英語教師として日本に3年間滞在していて、日本語は、日常会話程度ですが話せました。私は、将来、海外で働きたいという夢を持っており、18才から英会話を習っていました。その英会話教室で彼と出会いました。出会って、一年間は、グループ交際で友達付き合いをしていました。

 

ある時、グループ交際していた他のメンバーが集合できなくなり、彼と私だけでカラオケに行くことになり、そこから、恋人同士になりました。その後、約半年のお付き合いをして、彼は、任期を終えてアメリカに帰ってしまいました。アメリカと日本で遠距離恋愛をして、私が大学を卒業して、アメリカの大学を目指すために語学学校に行くことにしました。

 

 

アメリカの語学学校に行こうと決めたのは、彼と一緒に住みたいと思ったからです。彼も賛同応援してくれて、アメリカの自分の家に来なさいと言ってくれていました。ところが、いざ渡航前一ヶ月になり、私も渡航の準備ができたころから、彼と音信不通になってしまいました。しかし、航空券も語学学校に料金も支払ったので、ひとまず彼の住所を頼りに渡航しました。

 

 

アメリカに到着後、彼に何度も電話をするけれど、応答はなく、結局、ユースホテルに一週間住み、その後、自分でアパートを探しひとり暮らしを始めました。そうすると、今まで連絡が取れなかった彼と連絡がとれ、会うことになりました。私は、今まで彼が私に連絡をしなかったことは、なにか理由があるはずとは思ったものの、悪い方向には考えず、彼との再会にウキウキしていました。おしゃれなバーで待ち合わせして、素敵な時間を過ごしました。

 

 

そして、夢見る少女だった私は、彼と一緒に住めると確信したその瞬間、彼から、本命の彼女が一週間後に日本からアメリカにやってくる。その彼女とは、結婚を考えている。あなたとは、今後は良き友達として付き合うのはいいけれど、恋人関係というのは終わりたいと言われました。

 

突然のことに、ショックを受け外国人とのつきあい方にトラウマをもつようになりました。

 

今、冷静に考えてみれば、彼は全く私に本気でなかったことはわかるのですが、恋に恋してアメリカまで追っかけて行った私は、馬鹿だなと思います。誰かをピュアに好きになるということが怖くなり、次の恋に進むことがなかなかできません。

 

しかし、彼と出会ったからこそ、アメリカに行き、一年間語学学校に通い、その後4年制大学に進み計5年間アメリカで生活しました。とても良い経験になり、今の生活にも役立っています。

Copyright© 過去の恋愛でトラウマになった体験談を男女に聞いてみた All Rights Reserved. Web Design:Template-Party